元々鬱用のダポキセチン、今は早漏れ対策に

うつ病は既に現代病として認定されています。
単純にやる気が出ない、ネガティブな気持ちになる、
それだけなら誰もが頻繁に経験する体調変化ですが、それが毎日続くようであれば、うつ病を疑うべきです。
うつ病は単なる甘えではく、脳内物質のセロトニンの不足が原因の深刻な病です。
日本の職場や家庭では、残念な事にうつ病が正しく理解されておらず、その治療は患者個人で取り組む必要があります。

抗うつ薬は病気の原因であるセロトニンの作用の正常化を支援します。
セロトニンは別名やる気の物質とも呼ばれ、男性機能の働きにも大きく影響を与えています。
いわゆる早漏体質の男性は平均的な男性よりも、
そのセロトニンの分泌が少ない、あるいは消費が激しい体質です。
面白い事にダポキセチンは元々は抗うつ薬の成分でしたが、
治療現場での普及が進む過程で、早漏れ対策の効き目が発見されました。
今ではダポキセチンの医薬品は応用的に早漏れ対策として活用されています。
早漏とうつ症状は直接関係ない問題ですが、
原因は同じ脳内物質の不足であり、ダポキセチンの服用によって、克服が可能です。

早漏れ対策には自力で行うマスターベーションの訓練と、ダポキセチンのお薬を服用する医学的なアプローチの二種類が存在します。
亀頭が敏感なため早漏れ体質になっている方は前者が最適であり、
心理的な緊張、またはセックスへのネガティブな気持ちから早漏になっている方は後者のアプローチが効果的です。
セロトニンの取り込みが正しくなる事で、射精までの間隔は適度に延長されます。
ダポキセチンの効果には個人差がありますが、5分以内で射精してしまっていた男性が、
10分、15分と安定的なピストン運動が出来るようになる等、男性に嬉しいメリットが得られます。