ダポキセチンで副交感神経系優位にして連続射精防止

早漏になると、とりわけ射精までの時間が早くなります。
どのくらい早いのかというと、ペニスを挿入してから1分くらいで射精が起こる場合があります。
このような連続射精をしてしまうということは、脳内が常に交感神経が活発になっているということが特徴として挙げることができます。
ですから、早漏を防止していき、連続射精を防止していくためには、交感神経だけではなく、副交感神経系を優位にさせるということが大事になってきます。
そこで、副交感神経系を優位にするためには、脳内の神経伝達物質であるセロトニンという物質を増やしてあげるという方法が効果的になっています。
しかし、このセロトニンは自分の意思だけで増やすことはできないので、薬の力を利用するという方法が一番効率的な方法として考えられます。
中でも抗うつ薬であるダポキセチンを服用することによって、セロトニンの量を増やすことができるようになります。
ダポキセチンは抗うつ薬ですが、副作用として射精困難や性欲の減退というものがありますが、早漏の人にとっては、副交感神経系を優位にして脳の興奮状態を改善し、連続射精を防止することができるようになります。
このダポキセチンを入手する方法としては、医療機関で処方してもらうか、ネット通販で購入する方法があります。
費用については、ネットでダポキセチンを購入した方が安くなりますが、使用による効果や副作用については自己責任になりますから、多少のリスクを考えなくてはなりません。
しかし、医師に処方をしてもらうのであれば、医師の指導の下安心して薬を服用することができるようになります。
中には、ダポキセチンとED治療薬を併用して服用する例もあり、副作用の問題も含めて医師に処方をしてもらう方が安全です。